ここ数か月で読んだ本

すぐに読んだ本を忘れてしまうので、備忘録として。


↓東京の半導体メーカーに勤める田宮里江子は、ひょんな事がきっかけで、大学時代の親友の夫・長谷川岳志と10年ぶりに遭遇する。岳志は、親友の恋人でありながら、初対面でいきなりプロポーズしてきた男であった。彼女を取り巻くいろいろな人とのつながりや死に対する考え方が面白かった。買ったその日に一気に読んでしまうほど面白かった。

翼 (鉄筆文庫 し 1-1)

白石一文/鉄筆

undefined


↓ピアノコンクールを舞台に、人間の才能と運命、そして音楽を描いた小説。はじめは読みにくかったのだが、だんだんのめり込んでいけた。本でありながら音楽を聴いているような描写がすばらしかった。

蜜蜂と遠雷

恩田 陸/幻冬舎

undefined


群馬と栃木の県境半径10キロという狭いエリアで、5人の少女が姿を消した。同一犯による連続事件ではないのか?というところから始まる。ノンフィクション小説だけに、やるせない気持ちが残った小説。

殺人犯はそこにいる (新潮文庫 し 53-2)

清水 潔/新潮社

undefined


池井戸潤氏の小説は爽快感が違う。以下二つは娘が読み終わったものを借りて読んだ本。

アキラとあきら (徳間文庫)

池井戸潤/徳間書店

undefined


映画で話題になり、読んでみたくなり手に取った小説。
高校生の主人公は病院で一冊の文庫本「共病文庫」を拾う。それは、クラスメイトの山内桜良が密かに綴っていた日記帳だった。
彼女の余命が膵臓の病気により、もういくばくもなく、残りの日々を主人公と過ごしていき、男の子の考え方が変わっていくという物語。涙なしでは読めませんでした。
これらはどの本もおすすめ!





[PR]
by snow-mama | 2017-11-20 05:15 | | Comments(0)

最近読んだ本

最近はなかなか読書が進まず。

読みたい本があるんだけど、買った本や図書館で借りた本があってなかなか進まない。


これは図書館で借りた本。芥川賞受賞作。

コンビニ人間

村田 沙耶香/文藝春秋

undefined

とても読みやすい文章で、借りたその日に読み終えました。
36歳未婚女性の主人公。就職したことがなく、コンビニバイトを続けること18年。
普通って何?ということを考えさせられました。世の中にはいろんな考え方の人がいるんだなと。
自分と同じ考え方の人の方が少ないですが・・・


こちらも芥川賞受賞作。

火花 (文春文庫)

又吉 直樹/文藝春秋

undefined

うーん、私にはあまり面白くなかった作品でした。
賛否両論ありそうですね。


これは全くジャンルが違う本。

一生太らない魔法の食欲鎮静術 (Business Life)

松尾 伊津香/クロスメディア・パブリッシング(インプレス)

undefined

食べることをもっと精神を研ぎ澄ませて行わなくてはと思いました。
いろんな感覚を持って大事に食事することの大切さが書かれています。
最近体重が落ちず、ついついお菓子ばかり食べてしまう自分にはいい本でした。



[PR]
by snow-mama | 2017-05-10 05:17 | | Comments(0)

最近読んだ本

読書の秋。

朝晩めっきり涼しくなり、日の出も日の入りも遅くなりましたね。

最近いろいろ本を借りては読んではいるものの、最後まで読み終わらず返却することが多い。

「鹿の王」もしかり。

鹿の王 (上) ‐‐生き残った者‐‐

上橋 菜穂子/KADOKAWA/角川書店

undefined


これはちゃんと購入してじっくり読むべきなのか。それとも私には合わなかったのか。
もう少し余裕がある時に読もうと思う。


そしてこれは職場の方から勧められて読んだ本。

心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣 (幻冬舎文庫)

長谷部 誠/幻冬舎

undefined

サッカー選手の中で、際立って目立つ存在ではないが、自分の信念をしっかり持って行動している感じ。
サッカーに対する姿勢や、日々の行動ひとつひとつに長谷部選手の心を整えるための意味があるのがよくわかった。
私もいろいろと考えさせられました。

これも職場の方のおすすめ。

齋藤孝の勉強のチカラ!

齋藤 孝/宝島社

undefined

どうして勉強しなければならないのか?という子供の問いかけに答えてくれる本。
私が読んだ後、娘がこれを読んでました。


これは今の私の生活を参考にしている本

なぜ空腹が体にいいのか?

石原 新菜/洋泉社

undefined

現在朝食をジュースのみにして、1日2食生活を実施中。石原医師は1食しか食べておられません。
意外と午前中はお腹もすかず、すっきりした朝が始められています。
飽食の時代、私たちは食べ過ぎているようです。(子供などは当てはまらず)
先日テレビで紹介されていたお猿さんの実験でもあったように腹八分目にすると健康的にかつ長生きするようですね。
朝食は摂るべきか摂らないべきか。考えさせられます。


そして今読んでいる本。

海の底 (角川文庫)

有川 浩/角川グループパブリッシング

undefined

これもなかなか進まず、あと数日で返却期限。


読書の秋。
なのに夜、本を読んでいるとついついウトウト。眠くなる。
だからなかなか進まない(^^;
私は睡眠の秋???




[PR]
by snow-mama | 2016-09-16 05:41 | | Comments(0)

日々勉強中

結婚してから十数年間、ほとんど欠かすことなくお弁当を作ってます。

なるべく冷凍食品を使わないようにと思ってはいるものの、中に入れるものが最近マンネリ化。

先日図書館で借りたお弁当の本がとてもよかったので、買ってしまいました。

それがこちら↓
f0144598_9195472.jpg

井上かなえさんのブログはよく拝見していて、気になっていたのですが、買って正解!
というか、図書館で借りて間違いなかったので購入したんですけどね。
味によって分類されていたり、私が使わないような食材を使っていたり。本当に参考になります。

これから数年後は娘にもお弁当生活が始まるし、少しずつ勉強しています。


勉強つながりですが、

最近こんな本も購入。
f0144598_922825.jpg

かなりテニスにはまってます。うまくなりたい!


新しいテニスシューズが欲しい!テニスバッグも欲しい!
そろそろ春らしいテニスウェアも欲しい!

テニスで頭がいっぱいです。


勉強つながりでもうひとつ。

息子、主人の影響もあって「スターウォーズ」にはまってます。

勉強中、スターウォーズの音楽を聴いていい気分で勉強。

これって勉強が頭に入っているのか(-_-;)
[PR]
by snow-mama | 2016-03-03 05:34 | うちごはん | Comments(2)

サラバ

直木賞を受賞した「サラバ」。

サラバ! 上

西 加奈子 / 小学館


サラバ! 下

西 加奈子 / 小学館



受賞する前からラジオで取り上げられていた西加奈子さんの本が気になり、これを予約していた私。
かなりの予約数だったので、やっと順番がまわってきました。

これで西加奈子さんの本は2作目ですが、なんとも後味がいい感じ。
なんだかすっきりして、心がほんわかあったかくなる物語なのです。

上巻の方はなんだか嫌な感じが続いて読み進めるのに時間がかかりました(あまり上巻は面白くなかったのです)が、下巻は1日であっという間に読んでしまいました。下巻が面白かったです。
[PR]
by snow-mama | 2015-05-13 05:18 |

春の読書

最近読んだ本

悼む人〈上〉 (文春文庫)

天童 荒太 / 文藝春秋



悼む人〈下〉 (文春文庫)

天童 荒太 / 文藝春秋


全国を放浪し、死者を悼む旅を続ける坂築静人。彼を巡り、夫を殺した女や人間不信の雑誌記者、末期癌の母らのドラマが繰り広げられる物語。

賛否両論あるようですが、私はこの不思議な世界にはまってしまい、サクサクと読むことができました。主人公の行動には賛成できないけれど、いろんな意味で深い物語でした。


そしてやっと文庫本になり、読みました。

舟を編む (光文社文庫)

三浦 しをん / 光文社


玄武書房に勤める馬締光也が、辞書編集部に配属になり、新しい辞書『大渡海』の編纂メンバーとなり、世に『大渡海』を発売するまでの物語。

本屋大賞ということで、ちょっと期待しすぎたせいか少し期待はずれ。でも言葉の重みを再認識した本ではあります。
[PR]
by snow-mama | 2015-04-03 05:04 | | Comments(0)

昨年は、本好き友人にいっぱい本を借りて読む日々。
必ず寝る前には、本を読みます。たとえ5分でも

読んだ本をご紹介。自分の覚書にも

まずは「みをつくし料理帖」全10巻をすべて制覇!
この物語は面白かったぁ。
最終巻はこれ

天の梯 みをつくし料理帖 (ハルキ文庫)

高田 郁 / 角川春樹事務所



天地明察(上)(下)

天地明察(上) (角川文庫)

冲方 丁 / 角川書店(角川グループパブリッシング)



先生のお庭番

先生のお庭番 (徳間文庫)

朝井 まかて / 徳間書店



風が強く吹いている

風が強く吹いている (新潮文庫)

三浦 しをん / 新潮社


これはお正月に行われる箱根駅伝を題材にしているもの。
とっても面白く、今年の箱根駅伝では違った角度から見られました。
とにかく感動した物語です。

これも三浦しおんさんの本。

神去なあなあ日常 (徳間文庫)

三浦 しをん / 徳間書店



これは図書館で借りた本

ふくわらい

西 加奈子 / 朝日新聞出版


西加奈子さんと言えば直木賞受賞作家ですが、直木賞を受賞される前に読みました。
私があまり読んだことのない不思議な世界がありました。
でもなんだか心がほっこりするような・・・言葉では表せない何かが心に残ります。
「サラバ!」も読んでみようかな。


そして年末に観たDVD
「永遠の零」

永遠の0 Blu-ray通常版

アミューズソフトエンタテインメント


本はちょっと読みづらく挫折したので、DVDで観ました。
これは面白かったぁ~

今年もいっぱい本を読みます!
[PR]
by snow-mama | 2015-01-29 05:05 |

読書好き友人

読書好きな友人から借りた本4冊。


八朔の雪―みをつくし料理帖 (ハルキ文庫 た 19-1 時代小説文庫)

高田 郁 / 角川春樹事務所



銀二貫 (幻冬舎時代小説文庫)

高田 郁 / 幻冬舎



ふるさと銀河線 軌道春秋 (双葉文庫)

高田 郁 / 双葉社



高田郁著の本はほっこり心があったまる。
情景も目に見えるように描かれていて、美しい。


阪急電車 (幻冬舎文庫)

有川 浩 / 幻冬舎


兵庫県の西宮市と宝塚市を結ぶ阪急電鉄の支線を舞台にした小説。
いろんな人間模様が描かれ、短編のようでいてそれぞれが繋がっているおもしろい小説でした。

有川浩さんも高田郁さんも初めて読んだ本でしたが、描写がとても素晴らしくてすぐに引き込まれあっという間に借りた本4冊読み終わりました。

友人の本ワールドにはまりそう。また友人とこへ借りに行こう!
料理しながら、本を片手に今日も読む。
[PR]
by snow-mama | 2014-06-02 05:17 | | Comments(0)

生存者ゼロ

本屋へ行くのが大好きな私。
買う時もあれば買わずに立ち読みすることも多々^^;

本屋でパッと見て気になる本を手に取り、買ったもの。

生存者ゼロ (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

安生 正 / 宝島社


最近は作者さんは関係なく、本屋さんのおススメ&帯などを見ながら、直感で選んで読んでます。


内容は・・・
北海道沖の施設での原因不明の大量死からはじまり、最初は引き込まれながらサクサク読めました。
最後は、物足りない感じで、最初のこの後どうなるんだろうというワクワクドキドキ感がなくなり残念な感じで終わってしまいました。
[PR]
by snow-mama | 2014-05-21 05:14 | | Comments(0)

GWの読書

GW中に読んだ本。厳密に言うとGW中に読み終わった本
最近なかなか夜寝る前の読書が続かなく(すぐに眠くなる^^;)、GWは暇さえあれば読んでました。
3冊はかなりの話題作で、以前から読んでいたのになかなか読み終わらなかったのです。


「オレたち花のバブル組」

オレたち花のバブル組 (文春文庫)

池井戸 潤 / 文藝春秋



「ロスジェネの逆襲」

ロスジェネの逆襲

池井戸 潤 / ダイヤモンド社



上記2冊は池井戸潤著の半沢直樹シリーズ。
「オレたちバブル入行組」を読んでかなり経ってしまいましたが、相変わらず読み終えた後のスッキリ感はすごい!ああいう風に生きてみたいもんだと思ってしまいます。


「永遠のゼロ」

永遠の0 (講談社文庫)

百田 尚樹 / 講談社



途中から面白くなって後半はすぐに読み終えました。ラストの展開には驚きました。
戦争という舞台で私自身あまり知識もなく、戦闘シーンなどはあまりイメージできず、最初はかなり読むのに苦労しました。百田著の本は何冊か読みましたが、これはあまり好きではない部類に入ります。あくまで私は

3冊読み終え、古本屋へ。
話題の本だけど、3冊300円の買い取りは安くないか?と思ってしまいました。
[PR]
by snow-mama | 2014-05-11 05:23 | | Comments(0)